映画・ドラマ・アニメ

メンタリスト

更新日:

◆内容

パトリック・ジェーンはCBI(カリフォルニア州の政府設立の捜査機関)の犯罪コンサルタントとして働きつつ、シリアルキラーのレッド・ジョンについて調べている。
それはジェーンは昔サイキック(霊能者)のふりをして詐欺師をしていたが、ある日テレビでレッド・ジョンの事を批判したために愛する妻と娘をレッド・ジョンによって殺されてしまったからだった。
ジェーンはレッド・ジョンを探し出し復讐する事を誓う。
そしてその稀なる才能(読心術や人を操る心理術)を活かしCBIの捜査に協力しながらレッド・ジョンの正体に迫る。

Amazon Primeで視聴可能

メンタリスト<字幕版>

Amazon Primeで視聴可能

メンタリスト<吹き替え版>

ここから微妙なネタバレを含みます。















◆良かった点・こんな人向け

なんと言ってもジェーンの個性的なキャラクタ
今までにないキャラでとてもユニーク
1話完結型のミステリとしての驚きの完成度の高さ。

 

◆悪かった点・こんな人には向かないかも

レッド・ジョンの正体が明らかになるのだが、その過程が納得いかない。

 

◆感想・ひとこと

・個性豊かなキャラクターたち

パトリック・ジェーン

主人公のパトリック・ジェーン。この顔でこの笑顔はずるい。

このドラマの主人公。
カールのブランドヘアに青い瞳と屈託のない笑顔。
知能が高く教養もあり驚異的な記憶力に人を操ったり心を読む心理術、メンタリズムを使う。
ちなみに戦闘力は0。
人を小馬鹿にしたり、軽犯罪くらいなら平気で犯すある意味サイコパス。
(時々本当に行きすぎな事をするのでうーんとなる箇所も結構ある)
自白させる為なら捜査で禁止されている催眠術なんかも平気で使う。
実際過去は霊感商法で詐欺をやっていた。
だがそれを上回る、とにかく魅力のあるキャラクタ

ジェーン(サイモン・ベーカー)の笑顔がとにかく良い
時々見せる子供のような振る舞いや、良いお父さんだったんだな、と分かる子供の扱いなど、ギャップが凄くてとにかくキャラが立っている。

白状すると彼のスーツ・ベストというスタイルに思い切り影響を受けたし、ジェーンが使っているのと同じカップを持っている(色は思ったより緑色)

実際に使っているカップ

俳優であるサイモン・ベーカーは間違いなく当たり役だったと思う
(他の映画はどれも脇役でチャラ男みたいなのばかりである)
また吹き替え版の声もキャラクタにあっている。
字幕でも吹き替えでもどちらでもオススメ。

テレサ・リズボン

CBIでチームを率いているリズボン

CBIチームを率いる捜査官。
ジェーンと違い規律にうるさく真面目なタイプ。
父親がアルコール中毒で&長女だった為、弟達の面倒をよくみてきたのか苦労人でまたお節介なところがある。
また人と距離をとっておりプライベート等はあまり喋りたがらない。
家ではダサい服装&イヤホンで音楽を聴きながら踊るという趣味をもつ

キンブル・チョウ

大体腕を組んでいる。小柄だがマッチョ。

元軍人でギャングのCBI捜査官。
韓国系アメリカ人。
捜査官として非常に優秀で実際リズボンの代わりにチームを率いたこともある。その反面元ギャングなのか捜査のためならジェーンの非合法な捜査を黙認したり、あまつさえ自分でもやってしまうことがある。
クールで無駄口をたたかないタイプで、わりとむすっとした表情が多い。
だいたい腕を組んでいる。
張り込みではよく本を読んでおり教養もある。
リグズビーの恋愛相談によく乗っている。

ウェイン・リグズビー

ヴァンペルト大好きマン。黙っているとかっこいい。

リズボンの部下でチョウの同僚のCBI捜査官。
ヴァンペルト大好きマン
普段はおっちょこちょいだが放火事件に関するときだけかっこいい。
図体の割にはあまり強い訳でもなく、そのくせ意外と自信家。
父親がバイカーで札付きの悪だったようで父親が捜査官としてのリグズビーの目の上のたんこぶとなっている。
張り込みでは大体いつも何か食べている。
仕事中もヴァンペルトのことばかり考えている。

俳優はターミネーター・サラコナークロニクルでターミネーターをしていたとか。
個人的にはMRインクレディブルのお父さんに見える

グレース・ヴァンペルト

ヴァンペルト。美人だが男運がこれでもかという位ない。

CBIの新人捜査官。
初めは待機が多かったのだが優秀さが認められ後半は捜査に合流する。
美人で男性が放っておかずモテるがとにかく男運がない。
敬虔なクリスチャンで割とで霊的な存在を肯定しているためジェーンと言い合いになる。(ただ後半はクリスチャンという設定はあまり前面に出てこない)
また父親がフットボールのコーチだったのか負けん気が強く腕っ節も意外と強い。
車の運転技術も凄い。
美人なのだが肩幅は広め

レッド・ジョン

レッド・ジョンが現場に残すマーク

高い知能を持つシリアルキラー。
殺害現場にスマイルのマークを残す。
高いカリスマ性がありFBI,CBIのみならずあらゆる組織に彼の息のかかった捜査員がいる。
人を操るのが上手くその正体は全く謎に包まれている。
圧倒的に自分に自信があり、自分をけなした人物には必ず制裁を加えるという徹底ぶり

エリカ・フリン

人の心を掴むのが天才的に美味い。まあこの容姿ですからね。。それにしてもこの美貌。。

ジェーン達により殺人(幇助?)の罪がバレて服役する。その後逃亡したり司法取引しようとしたりする。
(個人的にお気に入りなので、役としては全シーズンを通して数話しか出てこないがあえて取り上げる)
とりあえずめちゃくちゃ美人。もうそれはそれは美人

女優のモリーナ・バッカリンはデッド・プールで主人公の恋人訳も演じている。
(見覚えのある方も多いのではないだろうか。なにせ美人だからである)

・CBI

架空の組織。
アメリカは州事にそれぞれ自治権があるので州をまたいで捜査は基本できない。ただし連邦捜査官であるFBIはそれが可能で、その地域限定版がこのCBI
カリフォルニア州限定の連邦捜査官。

・レッド・ジョンに関わるエピソード

どこにそんなカリスマ性があるのか謎である。
いつもジェーン達は寸前の所で取り逃してしまう。
Xファイルの宇宙人が絡む話同様、レッド・ジョン関連の話は正直面白くない(引き伸ばし感がすごい)
メンタリストの魅力はキャラクタとそれぞれ1話ごとがきちんと面白いことであある。

・ストーリーのタイトル

実はレッド・ジョンが関わる事件とその後に分かれており、レッド・ジョンが関わる事件のタイトルは全て赤色に関係している。
その後は他の色が使われているのだが、個人的に何シーズンにも及ぶのにこれを続けていたのは○

・ジェーンの使う心理術

全てが分かるわけではないがそのうちのいくつかは実際に可能である(と思う)

記憶の宮殿

これは記憶術に関するもので物を覚えるのに自分が慣れ親しんだ覚えている箇所と覚えたい物を関連付けさせて記憶するという物である。
これを応用させてトランプの順番を一瞬で覚えるなども可能。
僕も試したことがあるが、(少しゆっくりでいいなら)実際に1デックのトランプのなら記憶することが出来た。

【参考書籍】記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック

という書籍にこの方法が乗っているので興味がある人は参考にして欲しい。

ホット/コールドリーディング

ホットリーディングは(乱暴に言うと)前もってターゲットの情報を集めておいて、その場で初めて分かったように見せるテクニックである。

コールドリーディングは前調査などなく、会話の中で相手に気づかれなく情報を手に入れたり、誰にでも当てはまるような事をいい相手の表情を読みターゲットの情報を手に入れる方法である。
バーナム効果などコールドリーディングで使われるテクニックの一つである。
血液型占いなどこのバーナム効果の典型。

【参考書籍】コールド・リーディング―人の心を一瞬でつかむ技術

【参考書籍】なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて

催眠術

催眠術も、古典と言われる目の前に紐につるしたコインでかけるものもあれば、会話しながら相手をトランス(そのうちの一つが催眠)状態にすることが出来たりする

催眠によっては瞬間にかける瞬間催眠などもある。

催眠は実際かかるか?

瞬間催眠については正直あまり詳しくはないが、セラピーなどで使われる会話しながら催眠にかける方法などはミルトン・エリクソンの書籍を調べて貰えばどんなものか概要が掴めると思う。

【参考書籍】ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】

ミルトン・エリクソンは催眠では有名らしいが逸話については脚色がかなりあると思われる。
催眠は存在するとはいったがステージでするような催眠やセラピーなど種類が色々あり判断が難しく、スタンスとしては眉唾で見ておいた方がいいと思う。

実際、イギリスで有名なメンタリストのダレン・ブラウンは催眠術のスペシャリストであるが本人ですら相手が本当にかかったかは分からないと言っている。

【参考書籍】メンタリズムの罠 TRICKS of the MIND
※少し読みにくい。(紫のスーツで絡まれた時の話が好き)

ちなみに催眠に関しては知ってるのと実際にかけるのでは大違いである。
僕は方法は知ってるが人にかけたこともないしできるとも思えない。
(正直半信半疑である。嘘とは思わないが。。)

・最後に

クライマックスのレッドジョン〜その後のストーリーは個人的にはあまり好きな展開ではない。
が、それを考慮しても全体としての出来はとても良く、ハリウッドドラマとして好きなものを挙げろと言われればこれは間違いなく入る
話にもよるのだが1話1話がよく出来ていて、やはりジェーンがとてもユニークで魅力的なところが本作の何よりいいところだと思う。

何かミステリー見てみたいなという人に是非メンタリスト、特にシーズン4あたりまでを特にお勧めする。

・余談

僕はシーズン1からずっと、レッドジョンの正体は前のCBIのリズボンの上司であったミネリだと思っていた。
実際に合っているかは是非見て確認していただきたい。

◆その他

ワーナー公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/kaidora/mentalist/

Amazon Primeで視聴可能

メンタリスト<吹き替え版>

Amazon Primeで視聴可能

メンタリスト<字幕版>

-映画・ドラマ・アニメ

Copyright© つれづれなるメモに , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.