本・マンガ

それでも町は廻っている

更新日:

◆内容

1話完結が多く時系列がバラバラで話が進むのが特徴的な、嵐山歩鳥を中心にした商店街何気ない日常を描いたマンガ(時々非日常になる)。

◆こんな人向け

日常系コメディとミステリが好きな人

◆こんな人には向かないかも

日常系マンガがあんまり好きではない人 ミステリに宇宙人やら幽霊は❌と言う人

◆感想・ひとこと

ミステリー脳(何でも事件にしたくなる)である歩鳥はどこか自分と通じるところがある。連載のマンガは途中で話の路線が変わったり、話の中で矛盾が出たりと気になってしまうタイプの僕には、当初から時系列やディーテイルが決まっている「それ町」と言うのがとてもすごい漫画に思えてならない。
話によってはあんまりなものも正直あるが全体として絵も好きだしすごく良くできたマンガだと思う。
特におすすめは「学校迷宮案内」は読んで損はないはず。
あとジョセフィーヌがすごく好き。

Amazonでチェック

「学校迷宮案内」はこの巻にあります

-本・マンガ

Copyright© つれづれなるメモに , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.