本・マンガ

アンタゴニスト2巻

更新日:

※1〜3巻のまとめだったものを巻数ごとに変更しました。
※ネタバレ注意

◆内容

何度か怪人と戦闘を行ううちに、徐々に覚醒してく主人公・神条の能力。
そして何とかヘルトピアから逃れていた彼の前に突如現れた謎の美女。
彼女は麻丘雪路と名乗りヘルトピアから神条を監視するよう命令されてやってきたのだった。

突如神条の前に現れた麻丘雪路

彼女も怪人であり蜂を操る能力を有し、その能力を活かし暗殺を行っている。
だが、ヘルトピアの一味というより傭兵として雇われている。

麻丘は雇われているだけでヘルトピアの一員では無い様子

麻丘は神条に目立つ行動をしないように提案する。そうすれば彼は襲われない+麻丘も無駄な労力を払う必要がないからだ。
(ヘルトピアは神条の動向が気にはなるが人員を割く余裕はないのだった。)

一方警察も怪人たちに対し捜査を進めていた。
そこで神条はまたもやバスで怪人の囮捜査ぬ巻き込まれていく…

突如現れた男。名は鶴田。カルトやセミナーを取材する雑誌記者。
自分の身の安全のため神条を利用した。
鶴田は潜入して取材していた教団に身元がバレ刺客が送られていた。
警察は彼を囮捜査としてカルト集団に潜入させていたのだった。

鶴田の潜入していた組織だけではなく、ヘルトピアの息がかかった組織は全国に存在している。
そして彼らは着々と力を付け大掛かりなテロの準備を進めているのだった。

◆良かった点・こんな人向け

・少しずつだがヘルトピアやトキソプラズムについて詳細が明らかになっていくところ

神条や怪人たちの行動が大胆になるのもこの為

・ヘルトピア以外にもいる存在する悪の集団。
今後の展開に関係してくるか?

彼らは自身を「サラセニア教団」と名乗る。
上の男は同じ怪人で『食虫植物マン』。

◆悪かった点・こんな人には向かないかも

・謎のお色気シーンが急に増えるところ(個人的に別にいらなかった)

・麻丘雪路が結構グイグイくるところ。(個人的にはあまりこのキャラは好きでは無い)

敵か味方か…

◆感想・ひとこと

・悪のイメージの共有

子供でも思いつきそうな(作中)悪のイメージ。
本来的に人間は自分の行動は常に正しいと思うところがあるのでこういった表現は避けられるハズ。

悪の組織と言わんばかりの格好

だがそれには理由があった。
トキソプラズムによる影響か?「自ら悪役を演じるよう」になるようだ。
(個人的にはこの説明はなかなか面白く好きなアイディアだった)

・取り巻く環境の変化

普通の人間ではなくなってしまったた事と怪人に襲われたことから警察、ヘルトピア共に監視の対象となる。

神条に命を助けられたこともありより興味を示し事件に首を突っ込もうとする。
我ながらマイナーキャラが好きだと思うが…個人的には事件に巻き込まれないで欲しい。

・変わらない見た目と変わった中身

見た目による変化(筋肉や力はついたが)はなく怪人化もしていない。
だが着々と神条にも変化が訪れいているのだった…

・家族の失踪

今まで受け身だった神条だが家族が行方不明になったことを知り、自ら進んでカルト集団の調査へ向かうのだった。

2巻も内容としてかなり面白かったので1巻がよかったと思う人は読み進めても良いと思う。

3巻へ続く。

-本・マンガ
-,

Copyright© つれづれなるメモに , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.