本・マンガ

アンタゴニスト4巻

更新日:

※ネタバレ注意

◆内容・あらすじ

大学占領事件

大学にしかけられた大量の爆弾。
それはヘルトピアが政府へ身代金を要求するためのものだった。

脅しだけでなく被害が出てもいいようにトラップは仕掛けられている。
神条はこの犯人が単独犯だと推理する。

トイレをするにも一苦労。。
確かにこれでなぜトイレができるかは謎ではある(笑

・南に起こる変化…

警察は犯人が遠隔で爆弾を爆発できない様に電波妨害を行う。
すると南に異変が起こる。

1巻で神条は南を救出するために人工呼吸を行っていた

南は以前学校で襲われた際に毒を盛られていた。
そこで神条に人工呼吸をされて助けられていた。
それにより彼女も感染していたのだった。

・南の能力

戦闘が得意ではないタイプのカメレオン男。
南をさらおうとし、逆に持っていたパソコンを落としてしまう。

機密情報が入ったパソコンを持ち歩くという大失敗を犯すカメレオン男。
怪人化による影響か単に低いITリテラシーを持ち合わせているだけか…
そして南ちゃんの音楽のセンスが意外。

南の能力は電波を察知することができる様だ。ただし、今のところはコントロールできると言う感じではない。
(警察が電波をジャックしたから使用できた)

彼女も怪人化するのか…

> 続きを読む 

-本・マンガ
-,

Copyright© つれづれなるメモに , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.